選挙と名刺のタクシードライバー

未分類
スポンサーリンク

最近はブログ書くのにPC立ち上げてないので書いて出し状態になってますね。

選挙がはじまりました。選挙の時期はちょっと暇さが増すようにも感じられます。皆様はどうお考えのでしょうか?

今回は初めて当選して欲しい方がおられたので僕みたいな糞味噌雲助にも選挙権は行使出来ますので期日前投票ってやつに行って来ました。

カンナムスタイル!


たーまーに、名刺ある?とか言われたりしたらどうされてますか?

隔日勤務の時は夜勤に転向したらなんかカワイイ名刺作って渡したりするで!

とか思ってましたけど結局夜勤に変わりましたが名刺は未だ作っておりません。

ベテランタクシー付け待ちスタイル老人達は売上の良い夜勤者のことを少し勘違いしてるように思われます。

100万稼いでくる人の話を聞くと大体、

なんかええ客もってるんやわ!

みたいなことを教えてくれます。カンナムスタイル!

夜勤や日勤は平日をフルカバーできるため通勤の固定や帰宅の固定で毎日使ってもらってるとか、

使ってるドライバーがいてるとかチラホラ聞いたりしますし、そういう営業スタイルも確実な売上になるのでやっている人の好みで受けてやればいいと思います。

売上高い人って寧ろ固定客とか予約客とか持たないんじゃないかなっておもうんです。

枷にしかならないような気がします。カンナムスタイル!

僕は電話番号教えてとかライン交換したこともありますが都合合わないし2回目行ったことないんですね。

だから僕は知らない女のラインIDを知ってます。

よくわからない兄さんの電話番号を知ってます。カンナムスタイル!

今日はあかんわー

車多すぎ!カンナムスタイル!

タクシー多すぎ!カンナムスタイル!

堺の車は堺で営業しろ!カンナムスタイル!

GT本通りネチネチ走るな!鬱陶しいわー!

カンナムスタイル!

チャブリ爆発せえへんかな?カンナムスタイル!


自分のやらない、出来ない賢い営業方法。

当たり前になって諦観もあります。

相手(例えば対タクシー)を変えることなんか出来るわけはないからこっちが変わる方が手っ取り早いわけです。

気持ちとしては、狡賢い人間は好きだけど、嫌い。

カワイイ狡賢さもあるかも知れないし、ないのかも知れない。

恥を晒すような社外営業スタイルをみると尊敬に値する。

恥かしいと思っていないだけなのかも知れないが恥を捨てて必死に生きているとも取れる。

家族の為なら恥ずかしいなんて小さなことや!

家族の為なら!カンナムスタイル!

美しさもあるのかも知れない。

そっか。家族の為ならって許してくれる優しさもまだ大阪には確かに残ってる優しさがある。

諦めなのかも知れないけれども。

東京で停止線越えて止まろうものなら歩行者の方に睨みつけられる。動画や画像を撮られてSNSにアップロードされるかも知れない。

大阪は停止線こえてても諦めなのかほぼ素通りですし、なんらトラブルも起こることはほぼないと思う。

そうゆう緩さが好きやけど嫌いやねん!

嫌いやけど好きやねん!

カンナムスタイル!

混在する感情とカンナムスタイル!がありますが、僕は家族の為だろうが許していいのだろうかと思うところもあります。

善悪というか法律の捉え方というか、取締は僕の管轄下に置かれていないし法律はほぼ白黒だと思いますが、

社会的なルールというかマナーというか白黒だけじゃないグレーの部分(宮迫さーん)

余白の部分があっての人間じゃないか!

緩さもいいと思いますがちょっと自分のファミリー(ワンピース的思考)だけ良ければいいって殴って解決できる世の中には、なって欲しくないんですよね。

殴って解決。暴力ちらつかせて解決。確かに強いカードっぽいですけどそういうので解決するようになって欲しくないじゃないですか。

ナワバリスタイルチャブリングハローメン達の邪魔してその都度口論する時間は勿体ないと感じる人が多いから野放し状態ですがいつか道路交通法や旅客運送法などで取締ってもらえたらなあって思います。

若しくは僕が選挙に立候補して当選したらこういう事も変えていけるのか!?とか思うと出馬したいぐらいです。


ツェペリさんは「勇気とはいったい何か!?
「勇気」とは「怖さ」を知ることッ!「恐怖」を我が物とすることじゃあッ!
人間賛歌は「勇気」の賛歌ッ!! 人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!

と仰っておられます。

中年になって恥を捨てるのは勇気の要ることですので

社外営業チャブリムスタイルも人間賛歌なのですね。

ある意味での美しさですが醜さもありますよね。

ドブネズミみたいに美しくなりたかったけれども僕にはなれないので。

写真には映らないんだなあ。

チャブリムスタイル!

カンナムスタイル!

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大阪タクシードライバーマガジン

コメント

タイトルとURLをコピーしました