タクシー乗務員に転職してしまったかたへ(その2)

スポンサーリンク




前回とタイトル少し違いますが続きみたいな感じなので(その2)と銘打ちましたがよろしくて?

もっともっと悪いこといっぱい書いて転職するのを辞めさせたいと思って前回色々書きましたが眠たくなったので前回はやめましたが、もっといっぱいあるんですよ、失くしてしまうもの。

でもね、もうはじめてしまったんだから仕方ないだとか、もう引き返せないですとか、どっぷりハマってしまったとか色々ありますよね。

ですが、戻れるものならば引き返してください。こんな産業革命で駆逐されてしまうであろう業種に就くべきではないのです。すぐに転職しましょうね。50代60代ならば有りなのか考えましたが、10年後あるんですかね?この仕事。タクシー会社というのはなくならない可能性もあると思います。ですがタクシー会社にとっても人件費なしで今までと変わらない売上が見込めるなら自動運転に移行するでしょ?そこら辺で痰吐き散らかして猥褻物陳列して放尿して逆走信号無視、人身事故。突然死。何かしら文句を言う。一気に解決するんですよね。メリットだらけです。

きっとオペレーターが何台か担当して遠隔監視とたまに遠隔操作とかになったりするかなとか思うんだすがどうだすか?

未だに高齢者タクシー乗務員のウインカーなし車線変更にイラついてしまうのです。きっと働きはじめた方は深夜帯のグレーな部分に戸惑ったりするでしょう。交差点客待ちも予約表示客選別、縄張り問題、車なのに二段階右折。

北新地のタクシーの行列がそもそも公害です。乞食の炊き出しの行列みたいなものです。送迎というフィルターが入ってますが構造は貧乏人が金持ちに恵んでもらってるのです。炊き出しのカレーが愛のチケットになってるだけで炊き出しと趣旨はおなじです。僕も乞食です。タクシードライバーなんて乞食みたいなもんです。実際に乞食手前もいてるわけですし。

やめておきなさい、やめておきなさい。と言ってるお前は、なんでタクシーやっとんねん!?と思いはるかもしれません。

これは、この理由がタクシーのメリットなのかどうか判断の難しいところですが、会社が小さいこともあって緩いんですよね。出勤時間出勤日数そういう縛りが無。

無。

僕は夜勤なんで昼間は昼勤の方が使ってるので乗れないですが18時に出勤しようが23時に出勤しようが問題ないです。

明日休も。で、休めます。ちょっと旅行いこ。いけます。有給も完全消化です。

業務内容が楽。対して達成感やらが皆無な分、楽です。頭使わないですもん。運があれば売上上がりますし、運が足りない分は回数乗せれば平均的な売上は保てるでしょう。事故と違反がなければ社会的地位は低いですがなんとかやっていけるでしょう。ですが、

男はでかい仕事してなんぼや!ごっつい契約とるんが気持ちええのや!イグうううう!!

ていうのが男子の本懐です。男の甲斐性です。自らの可能性を僕のように切り捨てるのですか?いいんですか?いいんですかぁ?

そういうのが本当にいらない、細々と月給ええとこ40から50万でええのや!って思える方ならやってみる価値はないですがその場凌ぎにはいいかもしれません。100万売り上げたら月収は60万ですが充分かもしれませんが、他の仕事ならもっと稼げる可能性だってあるんですよ。

でも、趣味とか本業があって自分の中で副業だと捉えてゆるく働くなら運転慣れてる方なら現状では楽かもしれません。

突然本業で休まなあかんとか完全対応出来るので。

バイトでなく正社員という契約ですし。中身はバイトよりユルユルですよ。海外のフェスをバンドででてくれってオファー来ても安心してツアーにでれます。一週間休みたい!

オッケーです。働き方も隔日勤務ってやつは休みの振替は難しい時ありますが振替なければ休むのは簡単です。一日の労働時間は長いですが次の日が休みなので予定入れやすいです。

日中に走行しますので、違反と事故は気をつけてください。僕は危なすぎて昼間走るのは破滅すると思って夜勤に移行しました。リスクを避けるには走らないのが一番だと思いまして。

慣れるまでちょっとしんどかったですけど、やっぱり自律神経狂いますしイラついたり寝れなかったり人間の大事な部分欠落していくなと感じます。

月亭八方師匠はタクシー運転手の遠回りを運転手さん知恵や!て言うくらいの器なんすよ。

そういうものに私はなりたい。



人気ブログランキング

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大阪タクシードライバーマガジン

コメント

タイトルとURLをコピーしました